●募集中!若葉台メディアセンター見学会
アーカイブスと美術の設備見学会です。
(と き)  9月28日(金)15時~16時30分 荒天中止 
(ところ)  稲城市若葉台2丁目
(締 切)  9月21日 (金) 
(参加費) なし 

【2018/09/04 13:47】 | 事務局イベント
トラックバック(0) |
 第28回社友会総会 赤津編成部長 講演要旨

 昨年(17年)春ご報告しましたように昨年大きな改編を行いました。なかなか視聴習慣がつかず上期はTBSにゴールデンで逆転されるなどしましたが、下期「ドクターX」や「ボディーガード」など強力ドラマ群の奮闘などで追いつき年度視聴率では、全日・ゴールデン・プライム各部門で民放2位となり今年度を迎えました。
 18年度春の編成ポイントとしては第一に土日の報道ステーションを、その特性を生かして強化することです。土曜日は16分拡大し石坂浩二さんをレギュラーに迎え、日曜日は硬派の報道系ということから夕方に移し枠も拡大しました。第二にタテの流れを重視し、たとえば木曜では19時台の番組の最後の部分に厚みをかけ、20時台、21時台のドラマでは出演者のコラボレーションを行うなど視聴者を惹きつける造りを行い、この試みは視聴率的にもいい結果がでています。
 また今回若手の登用も積極的に行っています。バラエティは社内企画提案総選挙で当選したものを企画化してきましたが、土曜ナイトドラマの新番組「おっさんずラブ」は入社5年目の女性の企画。2年前に一度放送したらネットで再生10万回となり、大きな反響を呼び今回のシリーズ化となったわけです。
 パンパシやサッカーなどスポーツ系のコンテンツの充実、「未解決の女」「特捜9」など新企画ドラマの投入、「帰れマンデー見つけ隊」など人気企画の充実など幅広く挑戦しましたが、週末日曜日にも大型企画を投入しました。「日曜プライム」は二時間ドラマや映画など多彩なコンテンツを放送します。「君の名は」「ゴジラ」などヒット映画を放送すると録画率が高いのがわかります。最近のタイムシフトの現状を踏まえて録画も加えた総合視聴率が営業スポットの指標としてつかわれるようになり、CMも本編とコラボしネットで話題になるものまで出ています。その辺も意識した編成です。
 (質問に対して)タイムシフトも含んだカウントの仕方はP+Ⅽ7と呼ばれるもので、世帯視聴率ではなく個人視聴率をベースにします。放送後1週間のタイムシフト分を加えていきます。核家族化などに対応したもので、より精緻に取り出せます。
 (質問に対して)「やすらぎの郷」に始まった帯ドラマは「越路吹雪物語」まで、回を追うごとに視聴習慣が付き定着しました。4月に休止するのはつらいのですが、倉本聰先生が来年4月に向けて新作「やすらぎの時」を書いていただけるということで、準備をしっかりして万全の体制で臨むことにしました。ぜひご期待ください。
                 (記録 吉田賢策編集委員)DSCN3129_1024.jpg

DSCN3123_1024_20180427115752fdc.jpg

DSCN3203_1024_20180427115754844.jpg




【2018/05/25 11:45】 | 事務局イベント
トラックバック(0) |
◎募集中!「 小江戸・川越 歴史散歩」 10月6日(金)  申込締切:10月2日(月)
13時 西武線本川越駅集合(東武線川越市駅から7分)入場料等800円は社友会負担
16時50分 自由解散予定   参加申込者に後日詳細案内をおくります。

【2017/09/14 11:34】 | 事務局イベント
トラックバック(0) |
大自然超体感ミュージアムOrbiに参加して
                                   佐藤眞一

 一夜に百キロもの距離の移動も可能と言う狼。
近場には食する物もなくなる冬場、獲物をもとめて朗々と響き渡る猛々しい遠吠えを交わし合い、数百キロ先の獲物を求めて疾風の如く雪原を疾走する狼の群れ。

その雪原に吹き渡る風が地吹雪を巻き起こし始めると同時に館内にもスモークが沸き上がり、正にその地にいて狼達の爆走を遠望しているかの如くの錯覚を覚えさせる演出。

これは、横浜高速鉄道・横浜のみなとみらい駅に直結するビルの5FでSEGAが運営する「Orbi〔オービィ)横浜」のシアター23.4で上映されているBBC制作の「マジック・オブ・イエロ-ストーン」の一場面です。

 アメリカの北西部に位置するモンタナ、アイダホ、ワイオミングの三州に跨りロッキー山脈に設定された国立公園、イエローストーンの大地の不思議さと四季、そこに生きるバッファロー、狼、カワウソ等の野生の動物達の生命力の逞しさと苛烈な生存競争・神秘さを追った実にディープで迫真のドキュメンタリーで作品です。

 これを視聴したのは5月15日行われた、社友会主催の「Orbi鑑賞会」に参加したことによります。
このイベントには、3組の愛妻家メンバーを含む19人の好奇心旺盛な社友会員が参加しました。11時にみなとみらい駅に集合、Orbiに向かい集合時間の1時30分までの約2時間弱の時間をを思い々に過ごしました。

 館内には、300の座席に幅40m、高さ8mの巨大スクリーンを備え、画面の情景をより体感的に感じられる最新装備を備えている前述のシアター23.4の他、マウンテンゴリラやアフリカゾウの貴重な生態を堪能出来る映像施設や地球上の様々な驚異的な自然の情景を体感出来る多彩なスペースも在り、集合時間が近づくにつれ名残惜しげな風情や言葉を発するメンバーが多数見受けられた鑑賞会でした。

 会の締めには、中華街に向かい、長谷川事務局長の肝いりで設定された広東料理の「桂宮」で美味な昼食をも堪能出来た一日でした。

私が心に決めたのは、この4月から横浜に住み始めた息子一家の孫娘が7月に5歳の誕生日を迎えるに当たり、その年齢でも十分楽しめる施設と感じたので、孫を連れて改めてOrbi〔オービィ)横浜を楽しもうと言うことでした。


OrbiYOKOHAMA記念

DSC_0923 - コピー

DSC_0936.jpg

【2015/06/20 14:33】 | 事務局イベント
トラックバック(0) |